-霊力士- 斎 いつき
斎−itsuki− 霊石魂
―はじめに―

パワーストーン……。それは神秘の存在。
人々を守り癒し向上させ、さらにファッション性をも兼ね備えたポップなお守り。
金運UPでモテ期を呼び込み、ウハウハ到来モテモテバンザイ!
健康第一無病息災、厄除け効力で悪霊退散、不幸はどっかに飛んでいけ!

……とまぁ、ここまでいうとまるでどこかの雑誌の裏にある怪しげな宣伝広告にしか聞こえないんだけど、実際その効力や神秘性に惹かれてパワーストーンを購入し身に着けている人はかなり多い。
そんなパワーストーンブームの中、密かに私が気になっているのは、その多くの人達がほとんど効力のないものを選んでいたり、効力はあっても全く相性の合わないものを身に着けていたり、適当に扱いすぎて効力を失わせていたりするということ。
商売柄と言うべきか、持ち合わせた能力柄と言うべきか……。
胡散臭いながらも石の声が聞こえる私からしたら「なんで、そんなの選んだの?」とか「いやいや、むしろ逆効果ですから!」とか「それじゃあ、ただのブレスレッドじゃん」などといったツッコミどころが、あまりにも満載に感じるわけ。
そりゃあ物見遊山で石屋に行って見た目で選んだり、誰が決めたともわからない効力の表示を頼りに己の欲望に合わせて石を選ぶのだから、そうなって然るべきなのかもしれないけど……。とはいっても、なんともむず痒い。なんとなく歯がゆい。届きそうで届かない感じが、妙にもどかしい。

『人と石とは繋がりよう……』
石にも意思があるんです。


斎―itsuki―


第1回 ―石だって疲れる―

「石もね、疲れるんですよ。だから、石が疲れたときは浄化してあげる必要があるんです」
私がそう言うと大半の人が「そうなんですか? どうすればいいんですか?」と疑いつつも解決法を探り、少数の人が半笑いで「本当ですか〜?」と否定的な眼差しを向け、数人が「知ってますよ」と肯定する。
気持ちはわからんでもない。
人は自分の目で見たものや、自分が体感したものでないと、なかなか受け入れられるものではないし、ましてや無機物が疲れると言われて「はい、そうですか」と素直に納得できるものではないから。
それこそ、私だってなんの能力もないただのオバサンだったら、「この人、何わけのわかんないこと言ってんの? 新手の宗教の勧誘?」なんて一蹴したに違いない。

でも実際、石は疲れるものだし、しかも疲れをためやすい。

第2回 ―石には意思がある―

実は、石には意思がある。
ダジャレでもなんでもなく、魂というか心というか……うまく言えないけど、そういうもの存在していて、本当に効力のある石は、その力でご主人様を守ったり癒したりしている。だからこそ、会社では上司に叱られ、家では女房に嫌味を言われるサラリーマン並に疲れたりするのだと思う。
じゃあもし、その状態を放って置いたとしたらどうなるのか?
答えは簡単。
サラリーマンだって、仕事終わりのキューっと冷えた一杯や、たまの休みに家でゴロゴロといった息抜きがなかったら、ストレスで立ち上がれなくなってしまうでしょ? 同じように、石もまた然り。効力がなくなって、そしてやがては死んでしまうでしょう……。

第3回 ―それをやっちゃあオシマイよ―

じゃあ、実際に石を浄化するには、どうしたらいいのか?
その正しい浄化法を説明する前に、まず、これだけは絶対やってほしくない間違った浄化方法を先に注意しておきたいと思う。
それは、水晶を使った浄化法。
クラスター状の大きな水晶の上に置いて浄化させるという方法や、水晶ダンブルと呼ばれる小さな水晶の粒を敷き詰め、そのた上にパワーストーンを置いて浄化させるといった方法が一般的なわけだけど、この方法、私に言わせれば愚の骨頂でしかない。
はっきり言って、こんなことをしても何の意味もないから。
それどころか、むしろその水晶に残った妙なモノによって、パワーストーンそのものを悪化させるリスクの方が高かったりする。
もちろん、こんなことをいえば斎はパワーストーン販売業者にケンカを売っていると思われるかもしれない。それこそこの水晶浄化法を推奨し、そのための浄化セットなどを販売している業者からしてみれば、そうとられても仕方ないだろうね……。
でも私は、本当に悪いことをよしとは言えない。

第4回 ―水晶が万能なわけじゃない―

水晶浄化法の定義としては、水晶そのものに大きなパワーが宿っているからとされているけど、そもそも砕けた水晶にそんなパワーを秘めたものはほとんどないのよ。
稀にあったとしても、その水晶そのものに妙なモノが残っていて反対に毒されたり、パワーストーンと水晶とでお互いを削り合ったり反発したりで、浄化するどころかより一層疲労させてしまうことになる。
病院に行ったら、無免許医だった!
入院したら、インフルエンザをうつされた!
盲腸なのに、脳を切られた!
そんなのたまったものじゃない!
そのくらい間違った浄化方法だということを、皆さんにはここで理解して欲しい。
今までどれほどの石がこの間違った方法によって、せっかくの効力を失ってしまったのかはわからないけど、今後一人でも多くの人に正しい浄化法が浸透してくれればいい……。


第5回 ―ヒトリに決めて―

幾つもパワーストーンをジャラジャラ着けてる人々っているよね。
アレもどうなの?効力がそれぞれ違うから、とか言ってるの聞いて呆れてしまう。風邪をひいて何種類もの薬を、処方も無しに飲んだらどうなる?
当然、身体に異変起きるじゃない。
それと同じだよね。石にそれぞれパワーがあったとしても、波動がこんがらがってグチャグチャ……
混線した波動のパワーが良い気を引き寄せるわけがない。
医師の立場が霊能者で、波動を読んで処方箋を出す、て感じかな。
このコとこのコなら、一緒にしても大丈夫、てね。波動も読めずに乱用しちゃダメだって事。
パワーがあって意識を持つ石は、プライド高いし、他の石とケンカするんだよね。で、これまた波動がグチャグチャ……着ける意味ないし、石も可哀想でしょ? コレと思うコをヒトリだけ身に付けて愛情かける。コレ、基本。
人間だって、何股もかけられたら、浮気者がっ!て怒るの当たり前だし、それと同じ事だよね。
もちろん、腕から外したら、他の石と一緒に置かないのよ。個別に休ませないと落ちつかないし、ケンカ始めるからね。


第6回 ―浄化―

疲労回復は定期的に行いましょう。
石のストレス、毒気抜きだね。
あくまで斎流です。だから無理に行使しろ、という事じゃない。
た・だ・し…斎は自分の相棒、虎目石のトラに聞いた上で、浄化をしてる。
何しろ、ウチのトラは間違った事をすると、斎に説教垂れる石なんで。
そのトラが認める浄化方法をおしえましょう……。


第7回 ―浄化 実践―

★実践前に、必ず石に声をかける事。
例) これから浄化するので塩に埋めるね、ゆっくり休んで、等々。

【用意するもの】
@ 塩
( スーパーで¥100位の細かい粒子のもの )
A 石が乗る位の小皿
( 醤油とかつける用の普段使いで可。絵付きも可。)
B 水道
Cミニタオルや清潔なフキン等

【実践編】
@ 小皿の底に、石より少し大きめに、塩を丸く敷く。(厚く敷く必要はなく、底が見えない程度に)
A 敷いた塩の上にパワーストーンを置く。
B パワーストーンを塩で優しく埋める。低くて良いが、頂点を一つ作り、裾は丸くする(三角錐、ピラミッドの下が丸い状態)
C 3日位そのまま放置。
置き場所はこだわらないが、一定位置に据える。
D 期間後、塩から本体を取り出す。
塩は普通に処理で、流してもゴミ箱でも大丈夫。
E水道水を弱水流にし、玉の一つを指で軽く持ち、水道口より5、6p 下の所で1分程流す。パワーストーンの上から下に水が流れる事が必須。
E 布等で優しく水気を拭き取る。
F ミニタオルや柔らかい布の上に置き、半日は休ませる。
終了。